wordpress翻訳ファイルの作り方

wordpressで多言語サイトを作ったときのメモ

翻訳ソフトのインストール

Poeditをインストールします。
最新版を入れてみたら上手く起動できなかったのでこれを使いました。

翻訳ファイル(poファイル)の新規作成

Poeditを開いたら新規でja.poを該当のテンプレートフォルダにlanguagesフォルダを作成してそこに入れます。

ちなみにwp-content\languages\themesの中が正しいっぽいけどどちらが良いか調べていません。

翻訳ファイル(poファイル)の編集

翻訳すべき単語はテンプレートに埋め込んである翻訳記号から自動で取得してきます。
なので、翻訳すべきテンプレートはどこにあるのか、設定しておく必要があります。
「カタログの設定」→ソースの検索パスに「../..」
ソース中のキーワードに「_e」と「__」を追加します。
パスが上手く設定できていれば「更新する」ボタンがアクティブになり、テンプレートに埋め込んであるソーステキストを拾ってきます。

function.phpに翻訳ファイルの反映

poファイルから作成されたmoファイルを反映させるために以下を追加

themeに翻訳させる

テンプレートにはこんな感じで翻訳させます。

第二引数はfunction.phpで記述したtheme_nameを指定します。

ひとまずこんな感じ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL