cloudflareのキャッシュ削除APIをZend_Http_Client_Adapter_Curlで叩く

cloudflare便利っすね。
但し、自分で運用する分には良いのですが、画像やCSSがキャッシュされるので、更新する人が別にいると不便です。
てことでAPIを叩いてキャッシュを削除してみます。

curlでのヘルプはあるのですが、APIを叩くツールを作ろうとしたとき、PHPで組みたかったのでZend_Http_Client_Adapter_Curlを使ったソースを作りました。
ちなみにZendFrameworkは1系です。

やることの流れはこちらを参考にしました。
CloudFlare APIを使ってキャッシュを削除する
CloudFlareでAPIを使って個別にファイルキャッシュを削除させる

Zend_Http_Client_Adapter_Curlの使い方がけっこー謎で、ソースを追いながらやっと叩くことができました。
ドキュメントが完全に足りてないですね。。

-Hは$client->setHeaders()
--dataは $client->setRawData( json_encode(array())));
で設定するっぽいです。

zone idを取得

こんなレスポンスが返ってくるはず

ここで返ってくるidがこのあと使うZoneIDです。

キャッシュの削除APIを叩く

成功すればこんなレスポンスが返ってきます。

公式ドキュメント

https://api.cloudflare.com/#zone-purge-all-files

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL