ブラウザ幅に応じてレウアウトをかっこよく調整、jQueryプラグイン「Isotope」

レスポンシブが最近のトレンドですが、ブラウザ幅に応じてレイアウトの幅を変えるのではなくレイアウトの位置変更で最適化する、そんな動きのきもちいいjQueryプラグイン「Isotope

・・・実は前回 書こうと思っていた記事ですが、改めて紹介します。

ボックスを複数配置したレイアウトデザインを、綺麗に調整してくれます。

Isotope
PCサイズ

Isotope2
iPadサイズ
ブロックがアニメーション付きで入れ替わって収まるレイアウトに変更されます。

Isotope3
フィルターで同じ属性のみ表示

他、レイアウトの選択や並び替えなどもできます。

移動やフィルターのアニメーションはCSS3で行われています。

大きさの違う写真のギャラリーページなどに活躍するのではないでしょうか。

公式動作サンプル

元素記号をサンプルに、金属・非金属のフィルターや、名前順、重さ順にソート、並べ方の変更、
エレメントの追加や削除など様々なサンプルがあります。
Elements Complete

TwitterBootstrapでIsotopeを使っているサンプルサイト

TABULA BOOTSTRAP THEME by creativeLabs
http://clabs.co/projects/tabula/

Serenity  HTML Responsive Portfolio
http://wbpreview.com/previews/WB0MN4GG2/

ライセンス

Non-commercial use is licensed under the MIT License

ダウンロード

Isotope
https://github.com/desandro/isotope

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL