EC-CUBE2系をNetBeansIDEで編集するときにやっておくこと

ec-cube(2系)はテンプレートエンジンにSmartyを使っているのでNetBeansではフレームワークSmartyを有効化しておけばよいのですが、smarty標準の区切り文字が違うので設定しておくと良いです。

むしろやっておかないとフォーマット整形をしたときに区切り文字に空白が入ってしまい、えらいことになってしまいます。

必要な設定

プロジェクトのプロパティから・フレームワーク→Smartyを開く
開始区切り文字 <!--{
終了区切り文字 }-->

キャプチャ

未設定の失敗例

テンプレートにこのようなソースコードがあった場合

上記の設定をせずフォーマットに失敗してこうなる

(□は空白)

特にjavascript系の失敗は見た目では気づきにくいので注意が必要です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL