サイト全体のリンク切れを確認する「linkchecker」。実行方法はコマンドでもGUIでも複数ありLinuxでもwindwosでも動きます

サイトのリンク切れのチェックに使えるアプリ
「linkchecker」
http://wummel.github.io/linkchecker/

大量のページがある場合、こういったツールを使わないと大変です。
それと、作ったときは大丈夫だったが、長いことサイトを運用し更新をしている場合、古いリンクが張ったままで気づかないなどありがちです。
そういったときは専用のアプリを使いましょう。

再帰的にサイト全体を見てくれるし、どのページのどこの行のどのリンクが切れているのかレポートをしてくれます。
プラグインを使うとHTMLの構文チェックやCSSの構文チェックもやってくれるので、サイトのリリース前に一度はやってみると良いと思います。

特徴

公式サイトより

  • 再帰をしながらマルチスレッドチェック
  • 結果レポートをtext, HTML, SQL, CSV, XML またはサイトマップ図に出力
  • 各種プロトコル HTTP/1.1, HTTPS, FTP, mailto:, news:, nntp:, Telnet や ローカルのファイルもサポート
  • URLを正規表現フィルタでチェックの制限をかけれる
  • プロキシのサポート
  • HTTPとFTPとTelnetのユーザ名/パスワード認証対応
  • robots.txtの対応
  • Cookieのサポート
  • HTML5のサポート
  • プラグイン拡張をサーポート HTMLとCSSの構文チェック、ウィルスチェックなど可能
  • 複数の実行方法 コマンドライン、GUIとWebインターフェイスなど
  • 多くのオプション

コマンド例

C:\Program Files (x86)\LinkChecker>linkchecker.exe http://hoge.jp/ -Fhtml/utf_8/G:\Documents\linkchecker\hoge.jp\log.html

参考

Webサイト運営担当者は使いたい。マルチプラットフォームで動作するリンクチェッカー「LinkChecker」

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL