ZendFramework2用 var_dump() 関数 \Zend\Debug\Debug::dump($var)

PHPで通常の変数確認にはvar_dump() を使いますが、ZendFraneworkを使っている場合、HTMLで綺麗に表示させる専用関数があります。

http://framework.zend.com/manual/current/en/modules/zend.debug.html
https://github.com/zendframework/zf2-documentation/blob/master/docs/src/modules/zend.debug.rst

または、使用ファイルの先頭にステートメントを追加して呼び出します。

ちなみにZendFranework1の場合は Zend_Debug::dump() です。

参考

ZendFramework2になって名前空間が登場してきましたが、いまいちよくわかってないので
以下にZFのdump関数を例にした解説があります。
phpの名前空間 http://blog.moccori.com/d/2013-06-16

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL