EC-CUBE プラグインを使わず、商品一覧ページにフリーエリアを設置

EC-CUBEで商品カテゴリ毎に自由なコンテンツを入れたい場合、コンパネで更新ができたりする便利なプラグインがありますが、なんらかの事情で使いたくないとき。
または微妙にやりたいことが違うときに手っ取り早くフリーエリア用のテンプレートを表示させる方法です。

テンプレートを自分で作ってアップロードするので、開発になれてない人には更新がやや面倒ですが、細かなカスタマイズをしたいときに便利かもしれません。

LC_Page_Products_List_Ex.php

やっていることは、category_idと同じファイル名のテンプレートが実在してたらassignしてしまおうと言う、単純な理屈で動きます。
テンプレートが存在するかの評価にはSmartyの場合、本来はis_fileではなく、テンプレートの存在をチェックするtemplateExists()関数を使います。

参考

カテゴリ毎(商品一覧ページ)フリーエリア追加プラグイン
http://www.ec-cube.net/products/detail.php?product_id=505

templateExists() — 指定したテンプレートが存在するかどうかをチェックします。
http://www.smarty.net/docs/ja/api.template.exists.tpl

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL