礼儀正しく一時的にサイトを工事中にする方法

webサイトを運営中になんらかの事情で一時的にホームページを閉じたいときがあります。

  • サーバーがとらぶってる
  • 大掛かりなリニューアルをする
  • 更新したらなんかおかしくなった

などなど。

そんなとき、単純に工事中用のファイルを入れ替えておくとかリダイレクトで見れるページに飛ばしておくとか、あまりよろしくありません。

検索エンジンはそういうコンテンツに入れ替わったんだなと、いままでのページは消えたと認識したり、メンテナンス中のHTMLソースを拾ってインデックスしてしまう可能性もあります。

なので正しいただ今工事中についてお話します。

正常なファイルが閲覧できるときはサーバーはレスポンスコード200を返しますが
検索エンジンに対して「ただいま工事中です」と伝えるレスポンスコード503をつけるのが良い方法です。

他にもレスポンスコードはいろいろあって
リンク切れや存在しなくなったURLアドレスの場合はサーバーは404 Not Foundを返します。
他にも
認証失敗を伝える 401 Unauthorized
閲覧禁止 403 Forbidden

などなど存在します。

この200や404など、通常はサーバーが自動でくっつけてくれますが、
今回のような場合は意図的に503をくっつける必要があります。

サーバーの設定を行える.htaccessを使うと、
レスポンスコードの操作や、その際表示させる画面などの設定ができます。

.htaccess

サーバーにはRewriteEngineがインストールされてる必要があります

どんなURLでアクセスがあっても工事中の表示用ファイル503.htmlをレスポンスコード503を付けて表示させます。

ちなみに・・
工事中用のHTMLですが、
いつでもどこでも使えるようにちょっと作りこんでおくのをオススメします。

だってほら、せっかくユーザーが閲覧に来たのに、いかにも工事中!だとちょっとがっかりしますよね。

中にはこういった普段見れないところでも、サービス精神のあるサイトも。
ゲームが遊べる404エラーページが遊び心ありすぎ

503 Service Unavailable

・・でも仕事中に503用ページを一生懸命作っていると
「なに遊んでるんですかww」
と言われると思いますのでほどほどに。

参考サイト

Webサイトのメンテナンス中画面を出す正しい作法と.htaccessの書き方

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL